ゆさんの年子日記

30歳、結婚6年目。4歳と3歳の年子の4人家族をやっとります( ´△`)子供のこと、夫婦のこと、気になるモノ、徒然なるままに日記を書いています。

本質を見極める力

最近、連日連夜【寝落ち】してます。

専業主婦のクセに実にけしからんです。

 

でも、今日は何とか子供たちの就寝まで正気を保って、

一通り家事をするでもなくグダグダとテレビを見たり、消したりして、

おう、そろそろ家事をするかなと思った時におしりから腰にかけてじんわり温かな床暖房を感じて、

感謝の念がじんわり心に沁みて参ったのです。

 

同じ感情になったのは最近では二度目です。

 

昨年末、我家族は4人まとめてノロに侵されました。

期間こそ短かったものの、

本当にある時は這って子供の世話をするという始末。

凝縮された死闘でした。

 

でもそんな這っている最中に私は今日のようなあたたかさを感じました。

 

真冬に突っ伏していても温かな床。

真っ先に完治して元気いっぱいの子供たちが満足するだけのおもちゃ。

24H対応してくれる病院。

すぐに自分で動かせる車、自転車、ベビーカー、おまけにすぐ飛んでくるタクシー。

 

この環境こそ、日々の育児を腹の底からサポートしてくれています。

 

私は今とても狭い世界で暮らしているので、

その感謝に鈍感になりがちですが、

このおしりの温かさに気持ちをリンクさせて、

 

夫に最大級の感謝を。

そして娘たちにもこのおしりの温かみの本質を上手に伝えられますように。

 

今年も母親業に専念いたします。